So-net無料ブログ作成

【見城徹】アナザースカイに登場! 尾崎豊・林真理子との関係や名言から見る生き様 (動画あり)

見城徹さん。

尾崎豊さんに関連して見城徹さんに行き着いた。

見城徹さんの関わりや名言の数々から、その生き様に感銘。

アナザースカイではハワイの見どころを紹介するそうだが、イメージとは相違する。

林真理子さんとの関係から、見城徹さんの生き様、調べてみた。



スポンサードリンク






【見城徹さんプロフィール】

1950年12月29日、静岡県清水市(現:静岡市清水区)生まれ。

静岡県立清水南高等学校、慶應義塾大学法学部卒業後、廣済堂出版に入社。

1975年、角川書店に入社。『野性時代』副編集長、『月刊カドカワ』編集長、部数を30倍に伸ばした。

数々のベストセラーを手がけ、坂本龍一、松任谷由実、尾崎豊など、芸能人、ミュージシャンとの親交を培う。

41歳で取締役編集部長に昇進するが、1993年、取締役編集部長の役職を最後に角川書店を退社後、幻冬舎を設立、代表取締役社長に就任。

14作のミリオンセラーをはじめ、数々のベストセラーを送り出した。

出版界の異端児といわれ精力的に活躍している。




【尾崎豊さんとの全身全霊をかけた関係】


尾崎豊さんとの関係はどのようであったのだろうか。

30代半ば、 町のレコード店からながれてきた 尾崎豊のシェリー。

刹那さの貯め方が尋常じゃない、何だこの音楽は!と衝撃受けたという。

既に尾崎豊さんは10代のカリスマといわれていたが、彼の本を作りたい一心で、アルバムを聞き、コンサートに通い、その思いを手紙にした。

その甲斐あって本を出版、30万分を超えるベストセラーとなったが、その後尾崎さんは単身ニューヨークへ。

音信不通となった。

1987年 尾崎さんが、覚醒剤取締法違反で逮捕され、しばらくして偶然にスポーツジムで再会する。

全て無くした。 もう一度ステージに立ちたい、アルバムを出したいという尾崎さん。

彼の復活に、編集者としてだめなりつつある自分を重ね合わせ、その復活に自分の復活をかけた。

編集者としてすべきでないことまで立ち入り、内臓での付き合いという関係となった。

尾崎さんは、愛や永遠、優しさ、思いやり、絆を信じられないがゆえに、嫉妬、猜疑心、独占欲を露にし、それを歌にした。
まさに地獄とも言える関係からアルバム”誕生”。

オリコン一位となり、ツアーが決定したことで、復活した。

見城さんは、”仕事は終わった”として側を離れると、尾崎さんは罵る子駑馬を投げかけた。

糸が切れた。

ある明け方、尾崎さんからレコード会社を作れと要求する電話。

以前なら 今から来いよと言っていたところだが、もう過去には戻れない。

このまま関係を維持することで、自らが命を絶った可能性もあると語る。

見城さんは”そんなことはできない”と尾崎さんに言った。

この出来事の3週間後、尾崎さんは帰らぬ人となった。

共に戦った、音楽プロデューサーの言葉、”正直ほっとした”と共感する。

尾崎さんは”全速力で生きるから、自分のどんな我侭も許してくれと言っているようだった。

とことん付き合う。生きている以上は精一杯生きている。

マイナスの思いは努力で拭えと。


https://youtu.be/Q6E7Wcd2I5g


林真理子さんとの共著、”過剰な二人”はまさに二人の生き様をあらわし、私たちに勇気をくれる。

とことんぶつかって、それをバネにする。

不仲と言われるが、本人たちにとってはこのような関係はごく普通なのかもしれない。







スポンサードリンク






【見城徹さんの名言集】


”死に向かっている自分を忘れさせてくれるものが5つある。1つは恋愛、1つは仕事、1つは家族、1つは友人、1つはお金。”

”「迷った時は、やめておく」という人がいるが、僕はそれとは正反対だ。 「迷った時は、前に出ろ」これが僕の信条だ。”

”「新しく出ていく者が無謀をやらなくて、いったい何が変わるだろうか?」”

これらの言葉は、勇気をくれる。

精一杯やりたいことをやれ!と。



【見城徹さんとハワイ】

観光としてのハワイには当然似つかわしくなく、見城さんから願い下げであろう。

パワースポットとして、真のエネルギーを蓄える場所として火山を持つ”荒々しい”ハワイは、見城さんが薦めるに値する場所だであり、海外はここだけとまで言い切る惚れ込みよう。

人間関係でもそれ以外でもこれと決めたら”とことん”付合うのが見城徹流。

アナザースカイではどんな世界を見せてくれるのだろうか。

大いに期待したい。






スポンサードリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。