So-net無料ブログ作成

【尾上松也】家系図がスゴイ! お似合いのお相手や趣味は? ロンドンへの思い入れ&エピソード  [芸能]

o124017531384930497956.jpg


尾上松也さんが、アナザースカイに出演します。

家系図には錚々たる面々!

歌舞伎俳優でありながら、ミュージカルでも活躍中の尾上松也さん、どんなことを話してくれるでしょうか。

趣味や噂の彼女…そして、ロンドンでの初海外公演であったエピソード。

尾上松也さんの素顔に迫ってみました。


スポンサードリンク






プロフィール

二代目尾上松也(にだいめ おのえ まつや)

本名は井上 龍一(いのうえ りゅういち)。

1985年1月30日生まれの歌舞伎俳優。

屋号:音羽屋

紋:抱き若松

3101.jpg

父は六代目尾上松助、叔父は大谷桂三(初代尾上松也)、妹は女優の春本由香。

松竹エンタテインメント所属。身長178cm。




家系図がすごい!!

さすが歌舞伎界!

錚々たる面々です。


E5B0BEE4B88A.jpg

噂の彼女は?

440e0382.jpg

前田敦子さんとのお付き合いが、売名だと取りざたされていましたが、三吉彩花さんとのお付き合いが発覚し、破局したとの噂。
はたして梨園の妻は誰になるのでしょうか? 


趣味は「フットサル」と「スター・ウォーズ」!

CRuw8aKVAAAYJeK.jpg

自身のフットサルチームには生田斗真さんや中村七之助さんも参加していて、高校時代に同級生だったメンバーを中心。七之助さんや俳優仲間や紹介してもらった友達、高校の同級生と生田斗真さんとチームを組んでいます。なかなか全員そろってやる機会というのはほとんどないようですが。


img02_03.jpg

スター・ウォーズのジェダイは武士道に通ずると、大人になって、改めてそのすごさに感銘を受けたそうです。
その世界観をつくりあげたということに非常に驚いたのと、やはり日本人としてはジェダイの正義感が武士道に通じていて、日本人としては非常にひいき目に見てしまうとコメントしています。


スポンサードリンク






初海外公演などロンドンへの思い入れ


S35368.jpg

初海外公演は、2009年3に歌舞伎×蜷川幸雄×シェイクスピア『NINAGAWA 十二夜』でロンドンへ。

NINAGAWA十二夜は、シェイクスピアのロマンティックコメディーを歌舞伎に仕立てたものです。
ロンドンといえば、オフブロードウェイで演じられるミュージカルの数々。
尾上松也さんも訪れた際には、種々のミュージカルを鑑賞されたようです。
NINAGAWA十二夜はミュージカルと歌舞伎の魅力双方を味わえる,新しいジャンルの舞台です。
鑑賞した舞台はその後の松也さんの演技に表されていることでしょう。

尾上松也さんは、かつてミュージカルと出会った時に一番嫌いだった要素、「どうして役の気持ちを歌に込めるの?普通に台詞を言えばいいじゃない」と思っていたそうです。

しかし、その後俳優が表現する気持ちと音楽と歌詞が全部ばっちり調和して成立した時の感動ってすごい。それがミュージカルの魅力とまで言っています。
そこまでに、ミュージカルにはまっていったのもロンドン訪れたことが大きかったのではないでしょうか。

「ボクの四谷怪談」(2012年9月10月に東京と大阪で上演されたミュージカル:脚本橋本治氏・演出蜷川幸雄氏)のオファーを頂いたのは、全く想定外の出来事だったと語ります。
演じるのは歌舞伎の中で大変名誉ある役である“お岩”と聞かされ、その様な大きなものを、例え通常の歌舞伎公演ではないとしても、自分がやっていいのかといった迷いが頭の中をよぎったそうです。

2013年9月には、ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」で、「ベンヴォーリオ」のとして出演しました。
自信では、僕のベンヴォーリオは大分おちゃらけている感じがありました。僕はとぼけたというか、貴族ではあるけれどあまり王子様キャラっぽくなり過ぎない、より普通の人に近い人物像を作ろうと考えて、そうなりました。と、自分なりの積極的な役作りをされています。


20121002223817.jpg


また、この時にはすでにミュージカル通ならではの発言もされています。

はまりにはまりまくった最初の作品は「レント」。「エリザベート」も好きだし、「ヘアスプレー」は映画版しか観ていないけれど大好きです。「オペラ座の怪人」は舞台も映画も観ています。それと「ビリーエリオット」。これは歌舞伎の海外公演でロンドンに行った時に観ました。素晴らしかったですね。

その後は、幾度か「歌舞伎はミュージカルの様なもの」と発言なさっていらっしゃいます


2016年2月にはまた、ロンドンを訪れていますが、これがアナザースカイ収録目的だったのでしょう。
マダム・タッソーの蝋人形館やプレミアリーグ観戦ネタを自身のブログにアップし、また来たい!とラブコールしきり。

番組内では、どんな新らしいエピソードを聞けるのか楽しみです。

スポンサードリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。