So-net無料ブログ作成
検索選択

【ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅】<動画あり>J.K.ローリング話題作公開日間近!ハリー・ポッターのダンブルトアとの関係は?, [映画]

matfigftb001.jpg



ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅がいよいよ11月23日(水)公開!

ハリー・ポッターシリーズの著者、J.K.ローリングの話題作ですね。

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅は、ハリー・ポッターの世界観からインスパイアされた作品。

この二つの物語の関係性見てみたら、随所にハリー・ポッターの世界観がちりばめられていました。


スポンサードリンク






■ストーリー

『ハリー・ポッター』でおなじみのホグワーツ魔法魔術学校を卒業し、魔法使いになった魔法動物好きの青年スキャマンダーが、NYで逃してしまった魔法動物を捜す大冒険の物語。

優秀だけどおっちょこちょいな魔法使いニュート・スキャマンダー。

世界中をめぐって魔法動物を集め、不思議なトランクに詰め込んでいます。

ところが、ニューヨークでトランクが普通の人間のものと入れ替わり、危険な魔法動物たちがトランクから逃げ出してしまい、ニューヨークは大パニック。

ニュートは魔法省から追われ、さらには魔法省の壊滅を狙う謎の組織も現れ、思わぬ事態に。

新たに出会った仲間たちや奇想天外な魔法動物とともに、ニュートは冒険を繰り広げるというストーリーです。

proxy (3).jpg



■作品データ

原題 FANTASTIC BEASTS AND WHERE TO FIND THEM
製作年 2016年

製作国 アメリカ
配給 ワーナー・ブラザース映画
上映時間 未定

スタッフ
監督 デヴィッド・イェーツ
脚本 J・K・ローリング

キャスト
エディ・レッドメイン
キャサリン・ウォーターストーン
アリソン・スドル
ダン・フォグラー
エズラ・ミラー
サマンサ・モートン
ジェン・マーレイ
フェイス・ウッド=ブラグローブ
コリン・ファレル

コリン・ファレル



■ハリー・ポッターとの関連性は?


原作の設定では、ハリーは1980 年生まれで、ホグワーツ入学は1991年。

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅は、『ハリー・ポッター』シリーズから約70年前のニューヨークが舞台。

つまり、1926年です。(日本では大正時代にあたります)

ということは、ハリー・ポッターのキャラクターでその時代に存在するキャラクターの代表と言えば、ダンブルドア校長。
シリーズ第2弾には若きダンブルドア教授が登場することが明らかになっています。

ニュートはホグワーツ在学中に騒動を起こし、退学の危機に瀕していたところをダンブルドアに救われたようです。


proxy.jpg


また、1926年のニューヨークを舞台にした第1弾では、『ハリー・ポッター』シリーズにも登場した闇の魔法使いグリンデルバルドの存在がヨーロッパを揺るがしていて、第2弾で、グリンデルバルドのかつての友人にして、最終的には対決することになるダンブルドアが登場するそうです。



スポンサードリンク










■見どころ

それから!

ジョニー・デップも続編に出演するそうです!

第一弾ではカメオ出演するようで、キャラクターはグリンデルバルド役だと伝えられています。

スクリーンショットでは、サイドを刈りあげ、金髪でソフトモヒカンのジョニーらしき人物の後頭部が写っていて、この続編の公開は2018年を予定されているようです。

proxy (1).jpg







proxy (2).jpg

J.K.ローリングは、新作でも続編でもない著者の新たな物語として、本当に書きたかったことを本作は実現するようです。

本当に書きたかったことは、ハリー・ポッターでは書けなかったということなのでしょうか。

やはり、公開が待ち遠しいですね。


スポンサードリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。